ロゴ 唐木心療内科クリニックトップページ
パニック障害
パニック障害とは
パニック発作
パニック障害原因
パニック障害症状
パニック障害治療
パニック障害の薬
心理療法
パニック障害経過
パニック障害克服
パニック障害 家族


うつ病

メンタルヘルス


心療内科御案内

 パニック障害の薬物療法

パニック障害治療のポイント

パニック障害治療のポイントは、「パニック発作」を予防したり抑えたりすることです。
そのために、治療薬として主にパキシルなど「抗うつ薬」と「抗不安薬」のどちらか、あるいは両薬剤を使用します。

発作が消失したら抗不安薬は減量・中止していきますが、パニック障害はきちんと治療をしないと、後にうつ状態や不定愁訴が残ることがありますから、抗うつ薬は続けて服薬することが大切です。


新しい抗うつ薬

1999年から2000年にかけて、セロトニンの再取り込みだけを阻害する第三世代の抗うつ薬といわれる選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が登場し、パニック発作に対して効果が認められているものがあります。

また、新しいタイプの第四世代抗うつ薬であるセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)が2000年に発売されました。このSNRIはセロトニンとノルアドレアリンの両方の再取り込みを阻害し、副作用も少ないといわれており、今後パニック障害治療に大いに期待されています。


従来の抗うつ薬

三環系抗うつ薬は、抗うつ薬の中で最初につくられた第一世代の薬です。神経伝達物質のセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害する作用による治療効果がありますが、便秘が起こったり尿がでにくくなったりするような抗コリン作用などの副作用が強いのが難点でした。

1980年以降には、これらの副作用を緩和した第二世代の抗うつ薬が登場しています。


抗不安薬

治療の中心である抗うつ薬は効果が現れるのに2週間ほどかかりますから、効果が早く現れ予期不安にも有効な抗不安薬を併用します。しかし抗不安薬は、依存・乱用,離脱症状などが問題となることもあります。


<抗うつ薬> セロトニン&ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)
 ミルナシプラン(商品名:トレドミン)
  ○選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)
 フルボキサミン(商品名:デプロメール・ルボックス)
 パロキセチン(商品名:パキシル)
  ○三環系抗うつ薬
 イミプラミン(商品名:トフラニールほか)
 クロミプラミン(商品名:アナフラニール)
<抗不安薬> ○ベンゾジアゼピン系抗不安薬
 アルプラゾラム(商品名:コンスタン,ソラナックス)
 ロラゼパム(商品名:ワイパックス)
 ロフラゼプ酸エチル(商品名:メイラックス)


 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10  パニック障害 治療 


パニック障害治療方法でお悩みの方、疑問がある方一人で悩まず御相談ください  お問い合わせ


*このページの文章はWebサイト”メンタルナビ”から、許可を得て転載しています。二次使用・転載をお断りします。
このページのTOPへ
powered by HWC
Copyright(c) 2006 karaki department of psychosomatic medicine clinic, All rights reserved

| Home | Sitemap | お問い合わせ |