パニック障害 薬

| Home | Sitemap | お問い合わせ |

唐木心療内科クリニック

パニック障害
パニック障害とは
パニック発作
パニック障害原因
パニック障害症状
パニック障害治療
パニック障害の薬
心理療法
パニック障害経過
パニック障害克服
パニック障害 家族


うつ病

メンタルヘルス


心療内科御案内
パニック障害 薬物療法・心理療法
パニック障害治療のポイント

早期の治療を受ける事が大切です。

パニック障害は、早期に診断・治療を受ければ治りやすい病気なのですが、精神の病気と気がつかずに、
適切な治療が行われないまま重症化、難治化するケースもみられます。

できるだけ早く専門医の診察を受けることが大切です。


薬物療法と心理療法が有用

パニック障害の治療は、薬物療法と心理療法で行われます。

発症当初は検査と鑑別診断に重点を置き、診断が確定すれば、ただちにパニック発作の消失をめざして薬物療法が行われます。
抗うつ薬を中心にして治療を行いますが、予期不安などを和らげるためと効果発現が早い点から抗不安薬も併用します。

なお、パニック発作が消失すれば、抗不安薬は減量・中止し、抗うつ薬の単独療法に切り換えます。

薬物療法には支持療法などの心理療法を併用し、広場恐怖が続くようであればエキスポージャー療法などの
訓練療法( 認知行動療法 の一種) を行い、薬物療法から心理療法へのウエイトを高めていきます



 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10  パニック障害の薬 


パニック障害治療方法でお悩みの方、疑問がある方一人で悩まず御相談ください  お問い合わせ


*このページの文章はWebサイト”メンタルナビ”から、許可を得て転載しています。二次使用・転載をお断りします。
このページのTOPへ
powered by HWC
Copyright(c) 2006 karaki department of psychosomatic medicine clinic, All rights reserved               | Home | Sitemap | お問い合わせ |.