睡眠障害症状

| Home | Sitemap | お問い合わせ |

唐木心療内科クリニック

睡眠障害症状
睡眠障害の調査によると、日本人の5人に1人が睡眠の問題を抱えています。

一口に睡眠の問題といっても、その睡眠障害の症状は多様です。おおまかには、
  1. 睡眠自体に問題のある「睡眠の異常」
  2. 睡眠自体には問題はないが、睡眠と覚醒のリズムに問題のある「概日リズム症候群」
  3. 眠っている間に問題の起こる「睡眠時随伴症状」に分かれます。

睡眠の異常に関しては、まず、寝つけない・途中で起きてしまうなどのいわゆる「不眠症」があります。
身体疾患や、うつ病などの精神疾患が原因になっている場合があります。

また、加齢や環境からの影響も大きく受けます。反対に過度の眠気が起こり、日中や眠ってはいけない場面などでも眠り込んでしまう「過眠症」もあります。

この中の「ナルコレプシー」と言う病気は、急に発作のように短時間眠り込んでしまう症状が長期に続きます。

また、睡眠中の呼吸の障害からきちんとした睡眠が得られず、全身倦怠感や注意力低下などが続く「睡眠時無呼吸症候群」もあります。肥満や骨格上の問題が原因となる場合が多いようです。

睡眠と覚醒のリズムがさまざまな理由で乱れてしまう「概日リズム症候群」では、しかるべき時間に寝たり起きたりする事ができなくなり、日常生活に長期に支障をきたします。
生活リズムの乱れや、交代制勤務による不規則な睡眠時間が原因となりやすいようです。

睡眠時随伴症状にも、いくつかの種類があります。寝入りや寝ている時に我慢しがたい足のむずむずを呈し不眠となるのが、「むずむず足症候群」です。また、寝ている間に急に暴れたり、起き上がって動き回り怪我をしてしまう状態もあり、「レム睡眠行動障害」と言われます。

以上のように、一口に睡眠の問題といっても、様々な種類があります。睡眠の問題は、陰に大きな病気が隠れていたり、過度の眠気から大きな事故を引き起こす事もあり、生活に与える影響は思った以上に大きなものです。

適切な治療を行えば睡眠の改善とともに生活の質の向上も見込めますので、少しでも睡眠に対して悩みを抱えている方は早めに受診する事が大切になります。


睡眠障害についてお悩みの方、一人で悩まず御相談ください  お問い合わせ
睡眠障害症状 TOPへ
powered by HWC
Copyright(c) 2006 karaki department of psychosomatic medicine clinic, All rights reserved               | Home | Sitemap | お問い合わせ |.