ロゴ 唐木心療内科クリニックトップページ
メンタルヘルス
メンタルヘルスとは
対策とポイント
企業・機関の取組

うつ病とは

うつ病患者さんの
ご家族・周囲の方へ


うつ治療のステップ

うつ治療体験談

カウンセリング

心療内科ご案内

 メンタルヘルス対策のポイント

仕事上でのストレスを感じたら、自分の会社が以下のような対策を実施しているか確認してみましょう。
会社によってはメンタルヘルス対策を施しているにもかかわらず、その周知が不十分のため、有効に活用されていないケースが見られます。もしあれば、上手に活用して、メンタルヘルスケアに役立てましょう。

メンタルヘルス対策のポイントを以下4つの場面で紹介します。

  1. 予防:従業員に対するメンタルヘルスケアのための情報提供
  2. 発見:メンタルヘルスに問題が生じた従業員の早期発見
  3. 治療:当事者への治療機関の紹介
  4. 復帰:当事者が回復した際の職場復帰支援

1.予防

情報提供:
社内報やイントラネットなどを利用し、メンタルヘルスに関する基礎知識の情報提供が必要です。企業によってはガイドブック等を作成し全社員に配布しているところもあります

相談場所の提供:
気軽に相談できるカウンセリングルームやホットラインを設けているところもあります。企業内での診療所などにカウンセリングルームを機能として付加したり、外部のサービスを使ってホットラインを設ける等、大掛かりではなく既存のものを利用して簡単に設置することができます。

2.発見

研修:
職場の上司に対して、自分自身の部下がメンタルヘルスに問題を生じた時の早期発見の方法などを研修等を通じて伝えていきます。早期発見により症状の進行を食い止め、回復に向けて支援することが可能です

アンケート:
全社員を対象にストレスチェック等のアンケートを行うことで、メンタルヘルスに問題のある従業員を発見することができます。

3.治療

専門の治療機関紹介:
いくつかの専門の治療機関との提携や連絡を通じて、当事者に適切な治療機関を紹介していきます。

勤務体制への考慮:
休業や勤務時間短縮等を通じて、当事者が治療を行える環境をつくりだすことが必要です。またプライバシーに配慮しつつも当事者の同僚等が理解し、配慮していける体制をつくることも重要です。

4.職場復帰

勤務体制の再考:
治療後に医師等より提出された診断書をもとに当事者と会社とで勤務体制について再考する必要性があります。「半日勤務なら復職可能」「軽い労働なら復職可能」など限定された条件下での労働が必要となることもあります。その際には本人の意見を聞き入れながら柔軟な対応をとることが求められます。

治療出社:
治療後には、いきなり前と同じ状態で出勤するのではなく、試しに出社してもらいながら勤務時間を増やしていったり、負荷を以前と同様に戻していったり、本人が職場環境にうまく順応していくための工夫が必要です。

復帰者への配慮:
当事者の上司等に、しっかりとした事情説明等をし、理解してもらうことが重要です。以前と同様の質量の業務を本人に求めることは無理があることを納得してもらい、当事者をサポートするという協力体制を事前に構築しておくことは重要です。

メンタルヘルス 1 / 2 / 3  メンタルヘルス情報

メンタルヘルスのご相談は唐木心療内科クリニックへ お問い合わせ
このページのTOPへ
powered by HWC
Copyright(c) 2006 karaki department of psychosomatic medicine clinic, All rights reserved

| Home | Sitemap | お問い合わせ |