ロゴ 唐木心療内科クリニックトップページ
うつ病について

うつ病治療のステップ

うつ病患者さんの
ご家族・周囲の方へ

うつ病とは
うつ病チェック
うつ病診断時
うつ病の接し方1
うつ病の接し方2
うつ病受診1
うつ病受診2
うつ病と病院
うつ病克服へ
うつ病治療中
うつ病入院


唐木クリニック
初診のご案内

 うつ病治療中に患者さんのご家族が気をつけてほしいこと

  1. 心配しすぎない

    うつ病の人を前にすると、気を使いすぎてかえって言動がぎこちなくなることがあります。基本的には、今までどおり普通に接するように話します。

  2. 励ましすぎない

    ご家族はつい心配のあまり、本人を励ましてしまいがち。そのように励ましたくなるご家族の気持ちに共感しながら、しかし本人のペースを大切にしながら話をするようにしてください。

  3. 原因を追求しすぎない

    つらいことが続くと、本人はもちろんご家族もその原因を探しがちになります。それが問題解決につながればよいのですが、往々にして悪者探しになってしまいます。

    「私の性格が悪いんだ」「親の育て方が悪かったんだ」と、誰か悪者を見つけて責めるようになる。こうなるとますますつらくなり、人間関係や家族関係がギクシャクして協力して問題を解決していくことが難しくなります。
    うつ病などの精神疾患は医学的に原因がないことも、わからないこともあるので、あまり原因について考え込みすぎないようにすることが大切です。

  4. 重大な決定は先延ばしにする

    本人も、時によってはご家族も、あせりすぎてつい仕事をやめることを考えたり離婚を考えたりすることがあります。

    しかし、落ち込んでいるときにはどうしてもマイナス思考が強くなっているので、客観的に冷静な判断ができません。そのため、重要な決定は症状がよくなるまで先延ばしにするように本人に話してください。<

  5. ゆっくり休ませる

    疲れているときにはゆっくり休むことも大切です。
    まず、心身ともに休んでリフレッシュするように本人に話してください。本人の話をゆっくり聞いて、家族が手伝ってあげられることは手伝い、できるだけ本人を心身ともに休ませるようにしてください。

  6. 薬をうまく利用する

    うつ病の治療には休養と周囲の人の温かい理解に加えて、薬による治療が役に立ちます。
    薬としては抗うつ薬が用いられますが、周囲の人はその重要性を理解し、本人が医師の指示を守って薬を服用し続けられるようサポートするように話してください。

  7. 時には距離をおいて見守る

    本人はうつ病の病状のために度重なる甘えや攻撃がでるときがあります。そのような時には距離をおいて本人を見守る環境を作ってください。

 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11  うつ病 緊急時


うつ病治療中のご家族のことでお悩みの方、唐木心療内科クリニックにご相談ください お問い合わせ
このページのTOPへ
powered by HWC
Copyright(c) 2006 karaki department of psychosomatic medicine clinic, All rights reserved

| Home | Sitemap | お問い合わせ |