ロゴ 唐木心療内科クリニックトップページ
うつ病について

うつ病治療のステップ

うつ病患者さんの
ご家族・周囲の方へ

うつ病とは
うつ病チェック
うつ病診断時
うつ病の接し方1
うつ病の接し方2
うつ病受診1
うつ病受診2
うつ病と病院
うつ病克服へ
うつ病治療中
うつ病入院


唐木クリニック
初診のご案内

 うつ病と病院 日本の精神医療について

日本の精神科医療について

うつ病についての理解がある程度得られていても、実際に病院を受診するとなると敷居が高い場合もあります。受診を勧める際には、精神科医療について理解を得ることも大切です。

日本では、うつ病を経験した人の4人に1人しか医師を受診していないという調査結果が出ています。

近年、東京など都市部では心療内科や精神科のクリニックが増加し、かなり受診しやすくなっていますが、 やはり地域によってばらつきがあるのが現実です。


<精神医療について うつ病患者さんに伝えてほしいこと>

1. 国民約60人に1人が、現在精神疾患で治療を受けている

厚生労働省の患者調査によれば、現在、精神疾患で治療を受けている人は、200万人を超えており、国民約60人に1人の割合になります。

受診歴のある人を含めると、さらに多くの人が精神疾患で病院を受診していることになります。「かかりつけの精神科医を持つようにしましょう」と言っても過言ではなく、精神科受診は決して特別のことではありません。


2. うつ病の場合、ほとんどが通院治療で行われる

心療内科・精神科の治療は、基本的には通院治療で行われます。

ただし、重症で死にたいという気持ちが強い場合、経口摂取が困難な場合、環境を変えて気持ちを切りかえることが望ましい場合、診断や治療方針を再検討したほうが良い場合などには入院を考慮します。


3. 診療所や総合病院精神科など、本人が受診しやすいところを早めに受診する

うつ病の場合も、他の内科疾患と同じように早めに受診することで、早期治療が可能です。

本人の希望に応じて、診療所や総合病院精神科などを紹介して、早めに受診してもらえれば、早く気持ちが楽になる可能性があります。


4. 本人が受診を拒否した場合

うつ病を疑われる人が病院の受診を拒否した場合は、うつ病や薬についての説明、精神医療についての情報提供など根気よく説明することが大切です。

時には、本人だけでなく家族が精神科の受診を反対している場合もありますので、このような場合には家族の理解を得ることも必要です。

場合によっては、家族だけで相談に行き医師の助言を得る方法もありますし、往診が可能な場合もあります。


 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11  うつ病の克服


うつ病の病院受診の勧め方についてお悩みの方、唐木心療内科クリニックにご相談ください お問い合わせ
このページのTOPへ
powered by HWC
Copyright(c) 2006 karaki department of psychosomatic medicine clinic, All rights reserved

| Home | Sitemap | お問い合わせ |