うつ 不安

| Home | Sitemap | お問い合わせ |

唐木心療内科クリニック

うつ病
うつ病とは
うつ病の症状
うつ病の症状
うつ病の症状
抑うつ他症状
うつ病の治療
うつ病の治療
うつ病の原因
うつ病と薬


うつ病の家族の方
 恋人・友人の方へ

うつ病とは
うつ病チェック
うつ病診断時
うつ病の接し方
うつ病の接し方
うつ病受診
うつ病受診
うつ病と病院
うつ病の克服
うつ病休職時
うつ病 緊急時


 うつ病体験記

うつで病院へ
うつの相談結果
うつと仕事
うつ病から復職
うつの朝
うつと会社
うつの不安
うつの期間は



心療内科御案内
うつ 不安うつと不安 心療内科体験記F
4月 新しい課長、新しい係長。不安である。

同じ仕事をするにしても上が変わるといちいち説明しなければならないし、
やり方も変えなければならないかもしれない。

どんな人間なのか。探りながらのスタートである。

とにかく最初は気を使う。相手がどんな人間なのか分からないし、
自分のことをどの程度前任者から聞いているのかもわからない
(結局のところほとんど聞いていないようだったけど)。

まあ、いろいろ問題はあるにせよ、それほど悪い人ではなくてよかった。
とにかく、一から数え直し。あと12か月…

相手がどんな人なのか不安になるのは当然である。
でも、悪い人間だと決めつける必要はない。
悪い人間だとわかった段階でそれなりの対応を考えればよい。

職員が変わる。それでも仕事は回り続ける。誰がやってもおなじ。
でも、どうせやるなら、一生懸命やった方が楽しい。

人が変わるのは今までの仕事のやり方を変えるチャンスである。
仕事のやり方を正しい方向に変えるのは正しいことである。

時々、仕事をさぼりながら、うつ病とどうにかやってきた。

早いもので受診から1年である。半年くらいで治療も終わるかな、
なんて考えていたこともあったけどもうしばらく続きそうである。何も解決していないような気がする。

それでも、少しは変わったのではないかと考えるようにもなっている。


変わったこと

診察の際、素直に話せるようになってきた。格好つける必要はないし、
ただ自分の感じていること現在の状況を素直に話せばよいと気付いてきた。

また、先生に話すために、自分がどんなことを考え、感じているのかを真剣に考えられるようになってきた。

  • 仕事は契約。
  • 与えられた仕事はやり遂げる努力をする必要がある。
  • 自分ひとりでできないことは人を頼る。
  • 無理なことは早く手を挙げて助けを求める。
  • ちゃんと相談する。
  • 目標をしっかり立てる。
  • 目標を達成するまでに進行具合をそのつど確認し、そこまでやった自分を評価し褒めてあげること。
  • 100%が望ましいが。100%以外は認められないわけではない。
  • 努力は評価すること。
  • 自分を認めてあげること。
  • 他人も認めてあげること。
  • 自分も他人も許すこと。
  • 今日できることは今日やる。
  • 明日で良いものは明日に先延ばししても自分を責めない。
  • 朝から嫌なことばかり考えない。
  • 家で考えても解決はしない。
  • 嫌な仕事は先延ばしにしない。常に頭の片隅にあって、気になって仕方がないから。
  • としこ(仮名)自身を認めてあげる、無理なことは無理。
  • 思っていることは相手に伝える努力をする。
  • 相手が悪いのではなく伝える努力が足りないのではないか。
  • 疲れが続き、ストレスがたまると飲酒量が増える。
  • 夜更かしもするようになる。危険な兆候。
 うつと会社  1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 /  うつの期間

*この記事は、患者さんから頂いた手記を基に、唐木心療内科にて加筆修正をしたものです
 作中に出てくる名前や症状、機関名は全て架空のものです


うつ病休職中などでお悩みがある場合は当心療内科に御相談ください  
うつと不安 心療内科体験記 TOPへ
powered by HWC
Copyright(c) 2006 karaki department of psychosomatic medicine clinic, All rights reserved               | Home | Sitemap | お問い合わせ |.