ロゴ 唐木心療内科クリニックトップページ

うつ病について
うつ病とは
うつ病の症状1
うつ病の症状2
うつ病の症状3
抑うつ他症状
うつ病の治療1
うつ病の治療2
うつ病の原因
うつ病と薬

うつ病を治すステップ

うつ病患者さんの
ご家族・周囲の方へ


うつ病の本
Amazonで探す


唐木クリニック
初診のご案内

 うつ病とは

うつ病を病気ではなく、気の持ちようだと思っている人もいますが、うつ病はれっきとした病気です。

うつ病の症状は、心だけではなく体にもあらわれます。

うつ病の「心の症状」としては、ひどく落ち込む、何事にも興味を持てなくなる、集中できなくなる、といった憂うつな気分や意欲の低下した状態が毎日続くようになります。

うつ病の「体の症状」としては、睡眠や食欲の異常、頭痛や胃痛、疲れやすい、といった症状が毎日続き、日常生活に支障を来すようになります。

うつ病の症状の程度は、軽度の落ち込みから自殺を考えるような重篤なものまであり、うつ病の原因についてはまだはっきりとわかっていません。

うつ病のときのつらい気持ちを言葉で表現するのはとても難しいのですが、うつ病にかかっているある女性は、
悲しくて苦しくて涙がこぼれ落ちそうになる直前に胸が強く締めつけられるようになる、そうした状態がずっと何日も、場合によっては何ヶ月も続いているようなものだと語ったことがあります。

うつ病は、以前は内因が関与している内因性うつ病と、心因が強く関与している心因性うつ病ないしは神経症性うつ病とに分けて考えられていましたが、現在はそうした原因がはっきりしないことや、内因性うつ病でも発症のきっかけとなる心因があることが多いことから、症状の形で分類されるようになりました。うつ病の基本的な症状は以下のようなものです。

うつ病の基本的な症状

  1. 強いうつ気分
  2. 興味や喜びの喪失
  3. 食欲の障害
  4. 睡眠の障害
  5. 精神運動の障害(制止または焦燥)
  6. 疲れやすさ、気力の減退
  7. 強い罪責感
  8. 思考力や集中力の低下
  9. 死への思い

うつ病は自覚しにくいし、まわりで見ていてもわかりにくい病気です。
しかし、治療すれば良くなる病気ですので、早めに見つけて治療することが大切になります。


うつ病について 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / うつ病の症状1

「うつ病とは」が参考になりましたらぜひ!
うつ病でお悩みの方は唐木心療内科クリニックへ
このページのTOPへ
powered by HWC
Copyright(c) 2006 karaki department of psychosomatic medicine clinic, All rights reserved

| Home | Sitemap | お問い合わせ |